2020年01月31日

卵で新型コロナウイルスに勝つ!免疫力アップの簡単安価のスーパーフード!72歳【タマゴ中心の食事】でインフルエンザ、風邪に罹らず!毎日3個以上を!コロナもインフルも風邪もウイルス!生卵は最上級の栄養ドリンク!癌、糖尿病、認知症、生活習慣病にも効果!


卵で新型コロナウイルスに勝つ!免疫力アップの簡単安価のスーパーフード!72歳【タマゴ中心の食事】でインフルエンザ、風邪に罹らず!毎日3個以上を!コロナもインフルも風邪もウイルス!生卵は最上級の栄養ドリンク!癌、糖尿病、認知症、生活習慣病にも効果!

卵で免疫力アップ【新型ウイルス肺炎】は怖くない!新型のコロナウイルス!毎日3個以上食べよう! 死者9人 患者【さらに感染拡大も】日本にも影響!卵はインフルエンザ、風邪、がん、糖尿病、心臓疾患、認知症 - みんなが知るべき情報/今日の物語



卵で新型コロナウイルスに勝つ!免疫力アップの簡単安価のスーパーフード!72歳【タマゴ中心の食事】でインフルエンザ、風邪に罹らず!毎日3個以上を!コロナもインフルも風邪もウイルス!生卵は最上級の栄養ドリンク!癌、糖尿病、認知症、生活習慣病にも効果!

新型コロナウイルスはインフルエンザ、風邪ウイルス同様に世界中に蔓延するでしょう!インフルエンザのように毎年流行するかも知れません!

私は今72歳、4年前から、体力の衰えを感じ、本屋さんで立ち読み、ネットで、老化防止、癌はじめ生活習慣病に効果的な食事、食材を研究して【大嫌いな卵】が最上級のスーパーフードでだと思い至り、卵中心の食事術に変えて4年、それ以後、風邪もインフルエンザに罹りません!

私は3歳から呼吸器の持病があり、人生の長い間の病弱で、今は克服していますが、肺機能が低下していますが、卵中心の食事術で、日々若返っています。。。

卵は毎日3個以上を、卵アレルギーの人は、肉を、ただしアメリカ産の肉は、ホルモン剤で大きくしていて、発癌性がある研究が多いですので、日本産を。トリムネがお勧めです。。

■私が毎日、食べいる免疫力アップの食材

卵、味噌、納豆、カレー粉、スパイス、重曹水、ココア、お茶など。

砂糖、添加物、化学薬品、薬など体に悪いものが、あらゆるところから入ってくる現代、まず免疫力を高め【癌にならない体】の卵中心の食事術をお勧め致します。

下記に卵の効能などの記事も参考にしてください。


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

なぜ高齢者の私がインフルエンザに罹らないか『たまご』毎日4個以上!卵は『がん、糖尿病なども完治するスーパーフード】免疫力アップ!猛毒インフルエンザワクチンは打ちません!風邪も引きません!: 整筋整体職人


大騒ぎ!風邪の一種、新型ウイルス肺炎とインフルエンザどちらが危険か【インフル】世界の年間64万人以上死亡!日本は年1万人!大騒ぎする【ビルゲイツ人口削減一味】と手下のメディア!安倍晋三らも一味【生物兵器】死亡者の数字は過小評価の可能性!呼吸器疾患だけの数字、心臓病や脳血管疾患などの持病も調査が必要!2018年記事!卵などで免疫力アップすればウイルスも怖くない! - みんなが知るべき情報/今日の物語



ガンにならない体【卵・肉・魚介の良質蛋白質】と【動物性脂肪】で免疫力アップ『元ハーバード大学准教授』荒木裕医師!癌は砂糖・糖質が大好き!癌は生命エネルギー発生装置の【ミトコンドリア】の故障!ほとんどの病気は『糖』が原因といってもいい!糖質が『代謝力』低下の最大要因!荒木裕医師は日本で開業!整筋整体職人



がん特効薬!?タマゴで【がん完治】糖尿病も簡単に完治!卵一日【10個から20個】ガンにならない体・健康向上には3個以上!タマゴは激安スーパーフード!卵アレルギーの人は肉で!生卵、ゆで卵、卵焼、卵料理中心の食事術!認知症、脳卒中、心臓疾患など …細胞をつくり、体を作る!- みんなが知るべき情報/今日の物語



『癌は味噌がきらい』発がん抑制効果、死亡率も減!放射能対策にも! 胃癌、乳癌、肝臓癌、肺癌、大腸癌、前立腺癌など…長崎原爆、味噌で原爆症にならず!日本は癌で死ぬのではなく、がん治療で死ぬのである!日本だけが癌死亡率が上昇し続けている! 米国、カナダは抗ガン剤や放射線治療から抜け出した! 医者自身が癌になったら、三大療法は受けず食事療法・食養に走る!ガンは砂糖は糖質が好き!  - みんなが知るべき情報/今日の物語




『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、腎臓病・胃潰瘍・便秘・痛風など、あらゆる病気を治す効果がある?コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、又は薬のように口に含み水でそれを飲むだけ!重曹=炭酸水素ナトリウム
- みんなが知るべき情報/今日の物語



万病の元【砂糖】が体に与える影響【免疫力が低下】炭水化物・糖分の過剰摂取が腸壁粘膜を膨張させリーキーガット腸もれ、かび真正菌カンジダも酷くなる!救いはタマゴ、重曹水、味噌!砂糖だらけのタピオカミルティーなども危険な飲み物!- みんなが知るべき情報/今日の物語


砂糖の害について「まんが」で分かりやすく!子育て、両親に砂糖の害を伝える為に描いた漫画です!著作権フリーです…

パンと牛乳と小麦粉は【癌・糖尿病・認知症・生活習慣病】のリスクを高める!パンは腸と脳をこわす!牛乳は【がん細胞を活性化】骨と血管を弱くする!乳ガン患者はパンと牛乳と砂糖、糖質が大好き!疲れ、肥満、腸トラブル、うつ、湿疹! - みんなが知るべき情報/今日の物語


野菜中心の生活が【脳卒中】の原因!オックスフォード大/食べれば食べればほど血管がボロボロに!抜けない疲労感、増すイライラ、肥満、冷え症【救いはタマゴ・肉】の良質動物性蛋白質が血管・全身の体を作る!動物性脂肪は体に良いが最新研究結果!ただし乳製品のカゼイン蛋白質は癌など病気の原因、多食は避けましょう!野菜は副食位がで良いようです。お国が奨める野菜1日350gは必要ないのです。当ブログの高齢者管理人はタマゴを1日4~6個で若返っています!世界的研究では1日3個以上が効果的と…忙しい時は生で!卵アレルギーの人は肉で!チーズは控えに、ラード、バターは脳、健康の味方です!甘い物が脳、疲れに良いは嘘でした!甘い物、糖質に多食が病気の元でした! - みんなが知るべき情報/今日の物語




マスク効果なし【新型コロナウイルス】インフル予防にマスクは【感染を防げない】厚生労働省!卵などで免疫力アップで防御!コロナもインフルも風邪の一種、風邪もウイルス!人口削減計画一味の安倍自民、メディアにダマされるな- みんなが知るべき情報/今日の物語



新型コロナウイルスよりも【ワクチン】や治療薬の投与キャンペーンの方が、よっぽど危険だ!背後に【ビル&メリンダ・ゲイツ財団】ウイルスは生物兵器としても使われている!死亡、重症化するのは免疫力が低下した持病のある人、高齢者など!コロナウイルスは一般的な風邪の病原体の1つで、全くもって珍しいものではない![フルフォード・レポート日本語版]- みんなが知るべき情報/今日の物語





フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します



整体職人・仙台/よみがえれ体/筋肉系・気経絡整体《即効姿勢改善》腰痛・肩こり・スポーツ、生活疲労・ギックリ腰・ 五十肩 ・スマホ首・膝痛・手足・疲労回復「古来伝承整健術・経絡ツボ療術整体」ヘッドから足裏まで心地よい全身施術

整体職人くりはら施術院ホームページhttps://seitaikurhara.jimdofree.com/
posted by 健康くりはら at 19:38| 宮城 ☀| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2020年01月30日

マスク効果なし【新型コロナウイルス】インフル予防にマスクは【感染を防げない】厚生労働省!卵などで免疫力アップで防御!コロナもインフルも風邪の一種、風邪もウイルス!

マスク効果なし【新型コロナウイルス】インフル予防にマスクは【感染を防げない】厚生労働省!卵などで免疫力アップで防御!コロナもインフルも風邪の一種、風邪もウイルス!


インフル予防にマスクは「推奨していない」厚生労働省 - 産経ニュース(記事は下記に)

マスクをつけてもインフルエンザ感染を防げない理由(宮坂 昌之) | ブルーバックス | 講談社(1/3)




インフル予防にマスクは「推奨していない」厚生労働省 - 産経ニュース


インフル予防にマスクは「推奨していない」厚生労働省

 2018.1.26 20:48

インフルエンザの予防法

 インフルエンザウイルスは感染力が高く、予防にはウイルスになるべく触れないことが重要となる。厚生労働省は、体調に不安がある場合は人混みを避けるほか、外出後は手洗いとうがいをするよう呼びかける。一方、マスクをすることは「感染拡大を防ぐのに有効だが、自分を守る手段としては推奨していない」(同省担当者)という。

 インフルの感染経路には、患者のせきやくしゃみで飛んだウイルスを吸い込むことによる「飛沫(ひまつ)感染」と、ウイルスのついたドアノブなどを触った手で口や鼻に触れることでウイルスを取り込む「接触感染」がある。患者がマスクをしてウイルスを飛ばさないようにすることは重要だ。

 一方、感染予防としてマスクをすることはウイルスを吸い込む危険を低減させるが、防毒マスクのようなものでなければウイルスを完全に防ぐことは難しい上、接触感染は防げない。

 国立感染症研究所によると、症状がなくなった後も患者の体からはウイルスが排出され、成人では発症から5日後、子供では発症から10日後くらいまで他人に感染させる恐れがある。患者は無理せずにゆっくり休むことが感染拡大の防止につながる。

 症状が出なくても感染している「不顕性感染」やインフルにかかっていると気づかない患者がいることも考えられる。睡眠や休息を取り、加湿器を使って部屋を適切な湿度(50~60%)に保つなど、普段からできる予防も心がけたい。


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

大騒ぎ!風邪の一種、新型ウイルス肺炎とインフルエンザどちらが危険か【インフル】世界の年間64万人以上死亡!日本は年1万人!大騒ぎする【ビルゲイツ人口削減一味】と手下のメディア!安倍晋三らも一味【生物兵器】死亡者の数字は過小評価の可能性!呼吸器疾患だけの数字、心臓病や脳血管疾患などの持病も調査が必要!2018年記事!卵などで免疫力アップすればウイルスも怖くない! - みんなが知るべき情報/今日の物語



【新型ウイルス肺炎】インフルより危険性低いのに安倍首相が政治目的に利用する!日本国内で【インフルエンザ】の死亡者は年間1万人以上いるのに、中国人を【ばい菌扱い】大衆は【非常事態】であると認識・錯覚!政治権力による強権的な施策に盲従してしまう傾向にある!ワイドショーが起こすモラルパニック!- みんなが知るべき情報/今日の物語






【猛毒】新ワクチン商売近し!?豪研究所、新型コロナウイルスの培養に成功【ワクチン】の早期開発!新型ウイルス肺炎は新インフルエンザだ!インフルと毎年流行して、二つの発癌性ワクチンを打たされる!生物兵器【人口削減計画】医療マフィアの金儲け! - みんなが知るべき情報/今日の物語


インフルエンザ・ワクチンは絶対に打つな【危険】発がん性物質、薬事法上の劇薬です!国民は騙されている…医者が言う、打っとけばインフルエンザに罹っても軽く済む…科学的根拠のないセリフ!過去に予防効果がないことから、定期予防接種から外されたワクチン!





卵で免疫力アップ【新型ウイルス肺炎】は怖くない!新型のコロナウイルス!毎日3個以上食べよう! 死者9人 患者【さらに感染拡大も】日本にも影響!卵はインフルエンザ、風邪、がん、糖尿病、心臓疾患、認知症 - みんなが知るべき情報/今日の物語


免疫力アップ【あいうべ体操】インフルエンザ、風邪予防!小学校で激減効果!唾液の免疫物質!健康に美容に!唾液の様々な免疫物質!若返りホルモン、老化防止ホルモン【パロチン】口呼吸を鼻呼吸に改善、顔トレ、顎関節症、ほうれい線、喉、声!考案者・今井一彰院長: 整筋整体



『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、腎臓病・胃潰瘍・便秘・痛風など、あらゆる病気を治す効果がある?コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、又は薬のように口に含み水でそれを飲むだけ!重曹=炭酸水素ナトリウム
- みんなが知るべき情報/今日の物語






フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します



整体職人・仙台/よみがえれ体/筋肉系・気経絡整体《即効姿勢改善》腰痛・肩こり・スポーツ、生活疲労・ギックリ腰・ 五十肩 ・スマホ首・膝痛・手足・疲労回復「古来伝承整健術・経絡ツボ療術整体」ヘッドから足裏まで心地よい全身施術

整体職人くりはら施術院ホームページhttps://seitaikurhara.jimdofree.com/

posted by 健康くりはら at 20:33| 宮城 ☁| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

【猛毒】新ワクチン商売近し!?豪研究所、新型コロナウイルスの培養に成功【ワクチン】の早期開発!新型ウイルス肺炎は新インフルエンザだ!インフルと毎年流行して、二つの発癌性ワクチンを打たされる!生物兵器【人口削減計画】医療マフィアの金儲け!

【猛毒】新ワクチン商売近し!?豪研究所、新型コロナウイルスの培養に成功【ワクチン】の早期開発!新型ウイルス肺炎は新インフルエンザだ!インフルと毎年流行して、二つの発癌性ワクチンを打たされる!生物兵器【人口削減計画】医療マフィアの金儲け!


豪研究所、新型コロナウイルスの培養に成功 治療の突破口になるか - BBC News ニュース(記事は下記に)

新型コロナウイルスよりも【ワクチン】や治療薬の投与キャンペーンの方が、よっぽど危険だ!背後に【ビル&メリンダ・ゲイツ財団】ウイルスは生物兵器としても使われている!死亡、重症化するのは免疫力が低下した持病のある人、高齢者など!コロナウイルスは一般的な風邪の病原体の1つで、全くもって珍しいものではない![フルフォード・レポート日本語版]- みんなが知るべき情報/今日の物語



インフルエンザ・ワクチンは絶対に打つな【危険】発がん性物質、薬事法上の劇薬です!国民は騙されている…医者が言う、打っとけばインフルエンザに罹っても軽く済む…科学的根拠のないセリフ!過去に予防効果がないことから、定期予防接種から外されたワクチン!






豪研究所、新型コロナウイルスの培養に成功 治療の突破口になるか - BBC News ニュース


豪研究所、新型コロナウイルスの培養に成功 治療の突破口になるか

 2020年 1月 29日

オーストラリアのピーター・ドハティー感染・免疫研究所は29日、中国で流行している新型コロナウイルスの培養に、中国国外で初めて成功したと発表した。診断方法や治療法の開発を促進する「大きな前進」になると期待されている。

この結果は世界保健機関(WHO)に提供される。中国の研究施設もすでにウイルスを培養し、ゲノム情報をWHOと共有していたが、ウイルスそのものは共有できていなかった。

このウイルス(2019-nCoV)によってこれまでに中国国内で100人以上が死亡、4500人以上が感染している。

このほか、タイやフランス、アメリカ、オーストラリアなど15カ国で少なくとも47例が確認された。中国国外では死者は報告されていない。


オーストラリアで新型コロナウイルスの培養成功 ワクチンの早期開発も - ライブドアニュース


オーストラリアで新型コロナウイルスの培養成功 ワクチンの早期開発も

2020年1月29日 9時2分

ざっくり言うと

・豪メルボルンにある研究所は29日、新型コロナウイルスの培養成功を発表した

・中国外の施設では初めてで、ワクチンの早期開発につながる可能性があるそう

・研究所は、正確な診断が可能になるとして「重要な突破口だ」と強調した

時事通信社

新型コロナウイルスの培養成功=ワクチンの早期開発も―豪研究所

 【シドニー時事】オーストラリア南東部メルボルンにあるピーター・ドハーティー感染・免疫研究所は29日、中国で感染者が多発している新型コロナウイルスの培養に成功したと発表した。中国外の施設では初めてという。

 培養したウイルスは世界保健機関(WHO)を通じて世界の研究所と共有。ワクチンの早期開発につながる可能性がある。

 同研究所は感染した患者から採取したサンプルを使って培養した。今回の成功により新型ウイルスに関する正確な診断が可能になるとして「重要な突破口だ」と強調した。培養したウイルスは抗体検査向けに使われるほか、試験段階のワクチンの有効性の評価にも役立つという。 


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

新型ウイルス肺炎とインフルエンザどちらが危険か【インフル】世界の年間64万人以上死亡!日本は年1万人!大騒ぎする【ビルゲイツ人口削減一味】と手下のメディア!安倍晋三らも一味【生物兵器】死亡者の数字は過小評価の可能性!呼吸器疾患だけの数字、心臓病や脳血管疾患などの持病も調査が必要!2018年記事!卵などで免疫力アップすればウイルスも怖くない!- みんなが知るべき情報/今日の物語



【新型ウイルス肺炎】インフルより危険性低いのに安倍首相が政治目的に利用する!日本国内で【インフルエンザ】の死亡者は年間1万人以上いるのに、中国人を【ばい菌扱い】大衆は【非常事態】であると認識・錯覚!政治権力による強権的な施策に盲従してしまう傾向にある!ワイドショーが起こすモラルパニック!- みんなが知るべき情報/今日の物語

そんな怖くない【新型ウイルス肺炎】風邪の病原体の1つ、全く珍しいものではない!死亡、重症化するのは免疫力が低下した持病のある人、高齢者など一部の人!今回の【新型コロナウィルス】の死亡率も毎年のように新たな型のウイルスと大して変わらない!コロナウイルスよりも危険な【ビルゲイツ財団】のワクチンや治療薬投与キャンペーン!ウイルスは生物兵器! みんなが知るべき情報/今日の物語



新型コロナウイルスの主犯は【ビルゲイツ】か!ゲイツ財団は【コロナウイルス・パンデミック】は昨年2019年10月18日に計画およびテストされた!安倍晋三一味【人口削減計画】テロ目的の遺伝子組み換えウイルスの開発! - みんなが知るべき情報/今日の物語



インフルエンザ治療薬タミフルは、インフルエンザにはほとんど効果がない!おまけに高い確率で副作用が出る!医者はそれを知っているので、自分の家族には打たせない!インフルエンザワクチンも効かない!


卵で免疫力アップ【新型ウイルス肺炎】は怖くない!新型のコロナウイルス!毎日3個以上食べよう! 死者9人 患者【さらに感染拡大も】日本にも影響!卵はインフルエンザ、風邪、がん、糖尿病、心臓疾患、認知症 - みんなが知るべき情報/今日の物語


免疫力アップ【あいうべ体操】インフルエンザ、風邪予防!小学校で激減効果!唾液の免疫物質!健康に美容に!唾液の様々な免疫物質!若返りホルモン、老化防止ホルモン【パロチン】口呼吸を鼻呼吸に改善、顔トレ、顎関節症、ほうれい線、喉、声!考案者・今井一彰院長: 整筋整体



『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、腎臓病・胃潰瘍・便秘・痛風など、あらゆる病気を治す効果がある?コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、又は薬のように口に含み水でそれを飲むだけ!重曹=炭酸水素ナトリウム
- みんなが知るべき情報/今日の物語






フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します



整体職人・仙台/よみがえれ体/筋肉系・気経絡整体《即効姿勢改善》腰痛・肩こり・スポーツ、生活疲労・ギックリ腰・ 五十肩 ・スマホ首・膝痛・手足・疲労回復「古来伝承整健術・経絡ツボ療術整体」ヘッドから足裏まで心地よい全身施術

整体職人くりはら施術院ホームページhttps://seitaikurhara.jimdofree.com/

posted by 健康くりはら at 13:29| 宮城 ☀| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2020年01月29日

新型ウイルス肺炎とインフルエンザどちらが危険か【インフル】世界の年間64万人以上死亡!日本は年1万人!大騒ぎする【ビルゲイツ人口削減一味】と手下のメディア!安倍晋三らも一味【生物兵器】死亡者の数字は過小評価の可能性!呼吸器疾患だけの数字、心臓病や脳血管疾患などの持病も調査が必要!2018年記事!卵などで免疫力アップすればウイルスも怖くない!

新型ウイルス肺炎とインフルエンザどちらが危険か【インフル】世界の年間64万人以上死亡!日本は年1万人!大騒ぎする【ビルゲイツ人口削減一味】と手下のメディア!安倍晋三らも一味【生物兵器】死亡者の数字は過小評価の可能性!呼吸器疾患だけの数字、心臓病や脳血管疾患などの持病も調査が必要!2018年記事!卵などで免疫力アップすればウイルスも怖くない!


世界のインフル死者数、年29.1万─64.6万人=米疾病対策センター | Article [AMP] | Reuters

世界で季節性インフルで年29万~64万人死亡の新推計 - 産経ニュース(記事は下記に)

【新型ウイルス肺炎】インフルより危険性低いのに安倍首相が政治目的に利用する!日本国内で【インフルエンザ】の死亡者は年間1万人以上いるのに、中国人を【ばい菌扱い】大衆は【非常事態】であると認識・錯覚!政治権力による強権的な施策に盲従してしまう傾向にある!ワイドショーが起こすモラルパニック!- みんなが知るべき情報/今日の物語





新型コロナウイルスの主犯は【ビルゲイツ】か!ゲイツ財団は【コロナウイルス・パンデミック】は昨年2019年10月18日に計画およびテストされた!安倍晋三一味【人口削減計画】テロ目的の遺伝子組み換えウイルスの開発! - みんなが知るべき情報/今日の物語





世界で季節性インフルで年29万~64万人死亡の新推計 - 産経ニュース


世界で季節性インフルで年29万~64万人死亡の新推計

2018.1.16

 毎年流行する季節性インフルエンザに関連した呼吸器疾患により、世界で約29万1000~約64万6000人が死亡しているとの推計を、米疾病対策センター(CDC)の研究者を中心とする国際チームがまとめ、英医学誌に発表した。

 従来の推計値を上回る数字で、死亡率は低所得国の高齢者で高い傾向があった。各国政府や国際機関が対策を検討する上で、重要な基礎資料になるとしている。

 インフルエンザによる死者数は、その年流行するウイルスの型やワクチンの効果などにより大きく変動する。論文によると、毎年の世界の死者数はこれまで、世界保健機関(WHO)が示した「25万~50万人」との数字がよく使われてきた。

 チームは、世界人口の57%を占める計33カ国について、1999~2015年の流行調査などのデータに基づき、インフルエンザ関連の呼吸器疾患による死者数を算出。それを基に世界185カ国の数値を推計した。

 年齢層を65歳未満、65~74歳、75歳以上に分けると、死者の数は65歳未満が多く、死亡率は75歳以上が最も高い。地域別ではサハラ砂漠以南のアフリカ、地中海東部、東南アジアなどが高かった。

 データのある92カ国について、5歳未満の子供の呼吸器疾患による年間死亡数を推計したところ、約9000~約10万6000人との結果になった。

 インフルエンザは心臓病や脳血管疾患などの持病を悪化させ、死亡リスクを上げることが知られているが、今回の推計は呼吸器疾患による死者だけを算出した。このためチームは「今回の数字も被害を過小評価している可能性が高い。実態をより正確に把握するための研究が必要だ」としている。

フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

そんな怖くない【新型ウイルス肺炎】風邪の病原体の1つ、全く珍しいものではない!死亡、重症化するのは免疫力が低下した持病のある人、高齢者など一部の人!今回の【新型コロナウィルス】の死亡率も毎年のように新たな型のウイルスと大して変わらない!コロナウイルスよりも危険な【ビルゲイツ財団】のワクチンや治療薬投与キャンペーン!ウイルスは生物兵器! みんなが知るべき情報/今日の物語



新型コロナウイルスよりも【ワクチン】や治療薬の投与キャンペーンの方が、よっぽど危険だ!背後に【ビル&メリンダ・ゲイツ財団】ウイルスは生物兵器としても使われている!死亡、重症化するのは免疫力が低下した持病のある人、高齢者など!コロナウイルスは一般的な風邪の病原体の1つで、全くもって珍しいものではない!- みんなが知るべき情報/今日の物語



卵で免疫力アップ【新型ウイルス肺炎】は怖くない!新型のコロナウイルス!毎日3個以上食べよう! 死者9人 患者【さらに感染拡大も】日本にも影響!卵はインフルエンザ、風邪、がん、糖尿病、心臓疾患、認知症 - みんなが知るべき情報/今日の物語


免疫力アップ【あいうべ体操】インフルエンザ、風邪予防!小学校で激減効果!唾液の免疫物質!健康に美容に!唾液の様々な免疫物質!若返りホルモン、老化防止ホルモン【パロチン】口呼吸を鼻呼吸に改善、顔トレ、顎関節症、ほうれい線、喉、声!考案者・今井一彰院長: 整筋整体



『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、腎臓病・胃潰瘍・便秘・痛風など、あらゆる病気を治す効果がある?コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、又は薬のように口に含み水でそれを飲むだけ!重曹=炭酸水素ナトリウム
- みんなが知るべき情報/今日の物語






フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します



整体職人・仙台/よみがえれ体/筋肉系・気経絡整体《即効姿勢改善》腰痛・肩こり・スポーツ、生活疲労・ギックリ腰・ 五十肩 ・スマホ首・膝痛・手足・疲労回復「古来伝承整健術・経絡ツボ療術整体」ヘッドから足裏まで心地よい全身施術

整体職人くりはら施術院ホームページhttps://seitaikurhara.jimdofree.com/

posted by 健康くりはら at 19:09| 宮城 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年01月28日

【新型ウイルス肺炎】インフルより危険性低いのに安倍首相が政治目的に利用する!日本国内で【インフルエンザ】の死亡者は年間1万人以上いるのに、中国人を【ばい菌扱い】大衆は【非常事態】であると認識・錯覚!政治権力による強権的な施策に盲従してしまう傾向にある!ワイドショーが起こすモラルパニック!

【新型ウイルス肺炎】インフルより危険性低いのに安倍首相が政治目的に利用する!日本国内で【インフルエンザ】の死亡者は年間1万人以上いるのに、中国人を【ばい菌扱い】大衆は【非常事態】であると認識・錯覚!政治権力による強権的な施策に盲従してしまう傾向にある!ワイドショーが起こすモラルパニック!


新型肺炎を政治目的に利用する安倍首相、中国人を“ばい菌”扱いのワイドショーが起こすモラルパニック! インフルより危険性低いのに|LITERA/リテラ(記事は下記に)


 




新型肺炎を政治目的に利用する安倍首相、中国人を“ばい菌”扱いのワイドショーが起こすモラルパニック! インフルより危険性低いのに|LITERA/リテラ


新型肺炎を政治目的に利用する安倍首相、中国人を“ばい菌”扱いのワイドショーが起こすモラルパニック! インフルより危険性低いのに

2020.01.28 02:50

フジテレビ『ワイドナショー』1月26日放送より

 連日、マスコミが取り上げている新型コロナウイルスによる新型肺炎。安倍首相は日曜日、26日夕方のぶら下がり会見で、中国・武漢に在留する日本人を帰国させるチャーター機を手配する方針を明らかにした。

 日本政府のこの対応は当然だが、うんざりさせられたのは、安倍首相自らがわざわざ発表したことだ。災害時などにチャーター機を飛ばすという程度の話なら、官房長官、もしくは事務的な政府発表で十分な案件だ。普段、都合の悪いことは国民にギリギリまで説明しないで逃げ回るくせに、自分の得点になりそうな発表のときだけは首相自らがしゃしゃり出てくるというのは、安倍首相の行動パターンだが、この状況でやるとは……。

 しかも、安倍首相が自慢したこの行動、実は、アメリカの対応を知って慌てて動いただけという可能性が高い。

 安倍首相は26日、いつもの休日のように終日、休養にあてる予定で、実際、午後5時までは自宅で静養していた。ところが、その前日夜中、米政府が武漢にいる米国人の帰国のためにチャーター機を運行させる手続きに入ったと米紙が報道すると、日本政府もチャーター機の手配に動き出す。そして、安倍首相は夕方に公邸に移動、側近中の側近である今井尚哉首相補佐官や北村滋国家完全保障局長らと会議を行ない、そのあとにすぐ「チャーター機手配」を発表したのである。

「ようするに、米政府の対応を見て、今井氏や北村氏ら側近たちが『日本もチャーター機を飛ばした方がいい』と言い出し、あわてて手配。手配を終えたところで、安倍首相がこれは国民にアピールできると、『それなら自分で発表する』ということになったんでしょう」(全国紙官邸担当記者)

 また、安倍首相が今回の行動には、人気取り以外にもうひとつ政治的な理由があるとの見方もある。というのも、国内の台風被害などには冷淡で、なかなか行動を起こさない安倍首相にしては、行動が迅速すぎるからだ。

「今回のチャーター機手配で、国外に取り残された邦人を救助するということを国民に強くアピールすれば、自衛隊の集団的自衛権行使を正当化し、改憲などの世論を形成するのにもプラスになるという判断があったはずだ。あと、中国発の感染ということで、自分の支持層が反中に沸き立っているからね。そこに敢然と対応するポーズを見せれば、これも得点になると考えたんだろう」(政治評論家)

 こういう行動を見ていると、新型コロナウイルスよりも、あらゆることを自分の政治目的に利用することしか考えない総理大臣のほうが恐ろしいんじゃないか、という気がしてくるが、この国には、もう一つ新型肺炎より恐ろしい状況が起きている。それは、新型コロナウイルスに乗じた中国ヘイトがさらに高まり、マスコミにまで広がっていることだ。

 前回の記事で指摘したように、ネットでは「日本から叩き出せ」「来るな」「死ね」などと、「中国人」という属性で一括りにして排除を扇動するヘイトスピーチが跋扈している。「チャーター機手配」の報道でも、Twitterには〈むしろ、中国人が「自分は日本人だ」と嘘をついてどさくさ紛れに乗り込もうとするかもしれないぞ〉〈今現在日本にいる春節で入国した中国人も送り帰して欲しい〉などというコメントが溢れかえった。

 街角でも「中国ヘイト」と呼ぶべき言葉が聞こえてくる。朝日新聞デジタル(1月21日)が報じたように、神奈川県箱根町の駄菓子店では中国人の入店を禁止する貼り紙を掲示。「ウイルスをばらまかれるのは嫌だ」との趣旨の記載もあり、店主は取材に対して「コロナウイルスに自衛手段を取りたい。中国人は入ってほしくない」と話したという。

 SNSでは〈自衛したいという個人店主からの依頼で、中国人お断り貼り紙をつくりました〉という投稿や、〈こちとら病気うつされたくないのになーにが差別だよ自衛だよ自衛〉といった書き込みが見られる。「自衛」という名目で排斥するのは、まるで「自衛戦争」の名の下に行われる殺人行為を彷彿とさせる。もはや、戦うべき相手は「ウイルス」ではなく「中国人」かのようだ。

■日本国内でインフルエンザの死亡者は年間1万人以上いるのに、中国人を“ばい菌”扱い

 こうした状況は、明らかにテレビマスコミの過剰な報じ方が影響しているだろう。ワイドショーの新型コロナウイルス報道では、春節の休みを利用して日本へ来る中国人観光客を監視するかのように、その一挙手一投足を繰り返し取り上げている。

 たとえば27日の『羽鳥慎一モーニングショー 』(テレビ朝日)では、中国人観光客が大阪でマスクを「爆買い」していると報道。さらには北海道の観光ホテルで「中国人宿泊客の部屋に解熱剤がたくさん置いてあった」とのツイートを投稿した女性に取材したり、富士山麓でマスクを外している中国人観光客を「マスク外し『空気がきれい』」とテロップをつけてクローズアップしたりと、まるで中国人全員がウイルスを持っているかのように煽った。同日の『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)も同様で、バスから出てくる中国人観光客を取り上げ「ドラックストアでは大量のマスクを求める爆買いが始まっていた」と興奮した調子で取り上げていた。

 中国人観光客がマスクを「爆買い」するのは、単純に中国国内でマスクが不足しているからだろう。マスクをしていなければまるで犯罪者かのように扱い、マスクを「爆買い」すればあたかも中国人のせいでマスクが足りなくなるように煽る。いったい、どうしろというのか。

 さらに酷かったのは26日の『ワイドナショー』(フジテレビ)だ。番組では、長嶋一茂が「対応策に関しては、中国から日本に渡航する70万人、これ空も船もあるわけですよ。これ、全便欠航です」などと渡航を完全封鎖すべきと主張。さらに松本人志は、明らかに中国を批判する口調で「初めてやないやないですか、中国からこういうのが来るのって。ほんと考えてほしいですよね」「これもっと日本は抗議していい。抗議というか何と言ったらいいんだろうか、ねえ、やっぱり一番被害を受ける国ですよ」などと発言していた。新型ウイルスで「一番被害を受けている国」はそれこそ中国なのに、いったいこのオッサンは何を被害者ヅラして「中国に抗議しろ」とがなり立てているのだろう。

 こうしたテレビの報じ方は、もはや一種のモラル・パニックと呼ぶべきだろう。いま「訪日中国人」全体が「ウイルスを運んでくる」というふうに拡大して定義され、メディアがそのステレオタイプを繰り返し報じることで、日本社会に対する脅威として位置付けられている。本来、防御すべきは「ウイルス」なのに、いつの間にかメディアによって中国人自体が「敵」にすり替えられており、その結果、「自衛」名目のヘイトが肯定されてしまっているのではないか。

 実は、新型コロナウイルスによる肺炎の致死率は現時点で3%で、これはSARS(10%)やMERS(34%)よりも低い。これまでに亡くなった人の大半は高齢者で、糖尿病や高血圧、喘息、肝硬変などの基礎疾患を抱えており、もともと健康状態が悪かったという。多くの患者は軽症のまま回復しているとされる。また、インフルエンザの流行によって直接的及び間接的に死亡した者を推計する「超過死亡」の概念では、インフルエンザによる日本の年間死亡者数は約1万人だ。新型ウイルスの感染が拡がっているのは事実でも、テレビなど一部マスコミが「春節で来日する中国人」をセンセーショナルに報じて、無理やり社会問題化させているのは、どう考えても過剰だろう。

 マスコミがこんな状態では、本当に、日本で中国人観光客の宿泊拒否が起きたり、最悪の場合、暴漢に襲われるというような事態が起きかねない。モラル・パニックが生まれる報道状況下で、もともと嫌中意識を持った人たちは「自衛だから」と差別を正当化する。そうでない人であっても「自分の身を守るためには仕方がない」とのエクスキューズによって、簡単にタガが外れてしまうのだ。

 さらに言えば、大衆は「非常事態」であると認識・錯覚することで、政治権力による強権的な施策に盲従してしまう傾向にある。その思考停止は新型ウイルスにとどまらない。戦時下のように、「外からの脅威」に対抗する「強い政府」を望む大衆のマインドは、その政府の他の政策や政治状況にも有無を言わせない空気を醸成する。だからこそ、通常国会のタイミングで、安倍首相は自ら表立って「ウイルス対策」をしているとアピールしているのだろう。

 何度でも言うが、ウイルスよりも恐ろしいのは人間の集団心理だ。そして、この大衆の不安を政治権力は利用しようとする。肝に命じてほしい。(編集部)


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

そんな怖くない【新型ウイルス肺炎】風邪の病原体の1つ、全く珍しいものではない!死亡、重症化するのは免疫力が低下した持病のある人、高齢者など一部の人!今回の【新型コロナウィルス】の死亡率も毎年のように新たな型のウイルスと大して変わらない!コロナウイルスよりも危険な【ビルゲイツ財団】のワクチンや治療薬投与キャンペーン!ウイルスは生物兵器! みんなが知るべき情報/今日の物語



新型コロナウイルスよりも【ワクチン】や治療薬の投与キャンペーンの方が、よっぽど危険だ!背後に【ビル&メリンダ・ゲイツ財団】ウイルスは生物兵器としても使われている!死亡、重症化するのは免疫力が低下した持病のある人、高齢者など!コロナウイルスは一般的な風邪の病原体の1つで、全くもって珍しいものではない![フルフォード・レポート日本語版]- みんなが知るべき情報/今日の物語



卵で免疫力アップ【新型ウイルス肺炎】は怖くない!新型のコロナウイルス!毎日3個以上食べよう! 死者9人 患者【さらに感染拡大も】日本にも影響!卵はインフルエンザ、風邪、がん、糖尿病、心臓疾患、認知症 - みんなが知るべき情報/今日の物語


免疫力アップ【あいうべ体操】インフルエンザ、風邪予防!小学校で激減効果!唾液の免疫物質!健康に美容に!唾液の様々な免疫物質!若返りホルモン、老化防止ホルモン【パロチン】口呼吸を鼻呼吸に改善、顔トレ、顎関節症、ほうれい線、喉、声!考案者・今井一彰院長: 整筋整体



『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、腎臓病・胃潰瘍・便秘・痛風など、あらゆる病気を治す効果がある?コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、又は薬のように口に含み水でそれを飲むだけ!重曹=炭酸水素ナトリウム
- みんなが知るべき情報/今日の物語






フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します



整体職人・仙台/よみがえれ体/筋肉系・気経絡整体《即効姿勢改善》腰痛・肩こり・スポーツ、生活疲労・ギックリ腰・ 五十肩 ・スマホ首・膝痛・手足・疲労回復「古来伝承整健術・経絡ツボ療術整体」ヘッドから足裏まで心地よい全身施術

整体職人くりはら施術院ホームページhttps://seitaikurhara.jimdofree.com/



posted by 健康くりはら at 20:10| 宮城 ☔| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

そんな怖くない【新型ウイルス肺炎】風邪の病原体の1つ、全く珍しいものではない!死亡、重症化するのは免疫力が低下した持病のある人、高齢者など一部の人!今回の【新型コロナウィルス】の死亡率も毎年のように新たな型のウイルスと大して変わらない!コロナウイルスよりも危険な【ビルゲイツ財団】のワクチンや治療薬投与キャンペーン!ウイルスは生物兵器!

そんな怖くない【新型ウイルス肺炎】風邪の病原体の1つ、全く珍しいものではない!死亡、重症化するのは免疫力が低下した持病のある人、高齢者など一部の人!今回の【新型コロナウィルス】の死亡率も毎年のように新たな型のウイルスと大して変わらない!コロナウイルスよりも危険な【ビルゲイツ財団】のワクチンや治療薬投与キャンペーン!ウイルスは生物兵器!



新型コロナウイルスよりも【ワクチン】や治療薬の投与キャンペーンの方が、よっぽど危険だ!背後に【ビル&メリンダ・ゲイツ財団】ウイルスは生物兵器としても使われている!死亡、重症化するのは免疫力が低下した持病のある人、高齢者など!コロナウイルスは一般的な風邪の病原体の1つで、全くもって珍しいものではない![フルフォード・レポート日本語版]- みんなが知るべき情報/今日の物語





[フルフォード・レポート日本語版] “(新型コロナ)ウイルスよりも、今後展開されるワクチンや治療薬の投与キャンペーンの方が、よっぽど危険だ” ~こうしたキャンペーンの背後に「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」 - シャンティ・フーラの時事ブログ


新型ウイルスと「ダボス会議・ビルゲイツ」の動き

Benjamin Fulfordからのメッセージ

〜抜粋引用〜

現在、ハザールマフィアらはウイルス(生物兵器)をばら撒き、パニックと憎悪を煽って何とか生き残りを図ろうとしている。

その動きの急先鋒に立っているのが「新型コロナウイルス」について無責任な報道を発信している企業プロパガンダマスコミだ。

それと同時に今、僕のサイトを含め、真実を報道する独立系メディアが一斉に攻撃を受けている。
 
【 新型コロナウイルス騒動 】
現在、マスコミが発信している無責任な報道の1つは「新型コロナウイルス」という言葉そのものだ。

コロナウイルスは一般的な風邪の病原体の1つで、全くもって珍しいものではない。毎年のように新たな型のウイルスが出現し、持病のある人、また体が虚弱な状態で免疫力が低下している一部の人々が、それにより重症化もしくは死亡している。

今回の「新型コロナウィルス」の場合も、死亡率はそれと大して変わらない。

欧米の医療マフィアに詳しい論客らによると、そのウイルスよりも心配なのは今後「新型コロナウィルス対策」として展開されるワクチンや治療薬の投与キャンペーンだ。「それらの方が、よっぽど危険だ」と彼らは警鐘を鳴らしている。
 
ここで、マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツの動きをフォローしておきたい。

まず、ビル・ゲイツが会長を務める「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

新型コロナウイルスの主犯は【ビルゲイツ】か!ゲイツ財団は【コロナウイルス・パンデミック】は昨年2019年10月18日に計画およびテストされた!安倍晋三一味【人口削減計画】テロ目的の遺伝子組み換えウイルスの開発! - みんなが知るべき情報/今日の物語



インフルエンザ・ワクチンは絶対に打つな【危険】発がん性物質…薬事法上の劇薬です!国民は騙されている… -/ 医者がよく言うセリフに、打っとけばインフルエンザに罹っても軽く済む。まったく科学的根拠のない発言です。インフルエンザは、風邪じゃないともいわれていますが、風邪です。どれだけ効かなくて、国民を騙しているか…!


エボラは人工ウイルス!バラマキ作戦本格化!治療薬アビガンと、ワクチン完成間近で!空気移動、生物兵器!

デング熱騒ぎに踊らされる日本人!人口削減を企む世界的寡頭勢力の実験台にされるだけだ!エボラもデングも!

卵で免疫力アップ【新型ウイルス肺炎】は怖くない!新型のコロナウイルス!毎日3個以上食べよう! 死者9人 患者【さらに感染拡大も】日本にも影響!卵はインフルエンザ、風邪、がん、糖尿病、心臓疾患、認知症 - みんなが知るべき情報/今日の物語


免疫力アップ【あいうべ体操】インフルエンザ、風邪予防!小学校で激減効果!唾液の免疫物質!健康に美容に!唾液の様々な免疫物質!若返りホルモン、老化防止ホルモン【パロチン】口呼吸を鼻呼吸に改善、顔トレ、顎関節症、ほうれい線、喉、声!考案者・今井一彰院長: 整筋整体



『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、腎臓病・胃潰瘍・便秘・痛風など、あらゆる病気を治す効果がある?コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、又は薬のように口に含み水でそれを飲むだけ!重曹=炭酸水素ナトリウム
- みんなが知るべき情報/今日の物語




フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します



整体職人・仙台/よみがえれ体/筋肉系・気経絡整体《即効姿勢改善》腰痛・肩こり・スポーツ、生活疲労・ギックリ腰・ 五十肩 ・スマホ首・膝痛・手足・疲労回復「古来伝承整健術・経絡ツボ療術整体」ヘッドから足裏まで心地よい全身施術

整体職人くりはら施術院ホームページhttps://seitaikurhara.jimdofree.com/
posted by 健康くりはら at 18:18| 宮城 ☔| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

新型コロナウイルスよりも【ワクチン】や治療薬の投与キャンペーンの方が、よっぽど危険だ!背後に【ビル&メリンダ・ゲイツ財団】ウイルスは生物兵器としても使われている!死亡、重症化するのは免疫力が低下した持病のある人、高齢者など!コロナウイルスは一般的な風邪の病原体の1つで、全くもって珍しいものではない!

新型コロナウイルスよりも【ワクチン】や治療薬の投与キャンペーンの方が、よっぽど危険だ!背後に【ビル&メリンダ・ゲイツ財団】ウイルスは生物兵器としても使われている!死亡、重症化するのは免疫力が低下した持病のある人、高齢者など!コロナウイルスは一般的な風邪の病原体の1つで、全くもって珍しいものではない![フルフォード・レポート日本語版]



[フルフォード・レポート日本語版] “(新型コロナ)ウイルスよりも、今後展開されるワクチンや治療薬の投与キャンペーンの方が、よっぽど危険だ” ~こうしたキャンペーンの背後に「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」 - シャンティ・フーラの時事ブログ(記事は下記に)

中国本土で新型コロナウイルスによる肺炎の患者数が拡大中! ~生物兵器だったSARS・エボラ・エイズと同様、今回の新型コロナウイルスも生物兵器の疑い - シャンティ・フーラの時事ブログ
 
伝染病は兵器としても使われる | 《櫻井ジャーナル》 - 楽天ブログ(記事は下記に)






中国で、新型コロナウィルスのワクチンが開発 - Pars Today



ビル・ゲイツ 「ワクチンで人口削減が可能」 - YouTube

新型コロナウイルスの主犯は【ビルゲイツ】か!ゲイツ財団は【コロナウイルス・パンデミック】は昨年2019年10月18日に計画およびテストされた!安倍晋三一味【人口削減計画】テロ目的の遺伝子組み換えウイルスの開発! - みんなが知るべき情報/今日の物語





[フルフォード・レポート日本語版] “(新型コロナ)ウイルスよりも、今後展開されるワクチンや治療薬の投与キャンペーンの方が、よっぽど危険だ” ~こうしたキャンペーンの背後に「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」 - シャンティ・フーラの時事ブログ


新型ウイルスと「ダボス会議・ビルゲイツ」の動き

Benjamin Fulfordからのメッセージ

~抜粋引用~

現在、ハザールマフィアらはウイルス(生物兵器)をばら撒き、パニックと憎悪を煽って何とか生き残りを図ろうとしている。

その動きの急先鋒に立っているのが「新型コロナウイルス」について無責任な報道を発信している企業プロパガンダマスコミだ。

それと同時に今、僕のサイトを含め、真実を報道する独立系メディアが一斉に攻撃を受けている。
 
【 新型コロナウイルス騒動 】
現在、マスコミが発信している無責任な報道の1つは「新型コロナウイルス」という言葉そのものだ。

コロナウイルスは一般的な風邪の病原体の1つで、全くもって珍しいものではない。毎年のように新たな型のウイルスが出現し、持病のある人、また体が虚弱な状態で免疫力が低下している一部の人々が、それにより重症化もしくは死亡している。

今回の「新型コロナウィルス」の場合も、死亡率はそれと大して変わらない。

欧米の医療マフィアに詳しい論客らによると、そのウイルスよりも心配なのは今後「新型コロナウィルス対策」として展開されるワクチンや治療薬の投与キャンペーンだ。「それらの方が、よっぽど危険だ」と彼らは警鐘を鳴らしている。
 
ここで、マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツの動きをフォローしておきたい。

まず、ビル・ゲイツが会長を務める「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」と先週も...(以下有料部分)
—————————
中国で、新型コロナウィルスのワクチンが開発

転載元)

 Pars Today 20/1/26

中国の衛生部が、声明の中で、新型コロナウィルスのワクチンを開発したことを明らかにしました。

IRIB通信が25日土曜、報じたところによりますと、中国の衛生大臣はこの声明において、「今回開発されたワクチンは、実験の最終段階にあるとし、数時間後に、新型コロナウィルスのワクチンや医療薬が感染者に無償で提供される」と語りました。

中国の衛生部は26日、「抗HIV薬が新型コロナウイルスに効果があったとし、現在のところは、抗HIVの治療薬の使用は北京市内の病院で実施されている」と発表しました。
(以下略)
—————————
ビル・ゲイツ 「ワクチンで人口削減が可能」 - YouTube

新型コロナ肺炎、SARSの比でない日本経済への影響: 日本経済新聞


伝染病は兵器としても使われる | 《櫻井ジャーナル》 - 楽天ブログ


伝染病は兵器としても使われる

2020.01.22

 中国で大規模な流行が懸念されている新型のコロナウィルスは人から人へ感染するようだ。アメリカがイラクを先制攻撃へ向かって動いていた2002年から03年に37カ国で広がり、774名が死亡したSARSもコロナウィルスだった。

 2009年にはメキシコとアメリカの国境線地域で「豚インフルエンザ騒動」が起こり、1000人以上の人が感染して100人を超す人が死亡したと報道された。WHOも「緊急事態」だと認定している。

 過去に流行したインフルエンザには固有名詞のつけられたものもある。例えばロシア革命の直後、1918年から20年にかけて猛威をふるい、2000万人から1億人が死亡したと言われている「スペイン風邪」。名前だけで判断するとスペインで出現したように思えるが、実際はアメリカのカンザス州だった可能性が高い。

 このスペイン風邪と同じ型のインフルエンザが1977年に流行した。「ソ連風邪」と呼ばれている。このインフルエンザも出現した地名から名づけられたわけではない。これは中国の北西部で流行し始め、そこからシベリア、ソ連(当時)の西部、あるいは日本などへ広がったと言われているのである。研究室に保管されていたスペイン風邪のウイルスが何らかの理由で外部に漏れたとする説もある。

 話題になったという伝染病にはエボラ出血熱もある。2008年にコンゴ、11年から12年にかけてウガンダで患者が見つかっている。2014年にはギニアから始まり、リベリアやシエラ・レオネなどへ広がり、1万人以上が死亡したと言われている。

 その際、現地で治療にあたっていたふたりのアメリカ人、ナンシー・ライトボールとケント・ブラントリーも感染、アメリカへ運ばれて治療を受けた。これまで有効な治療法がなく、多くのアフリカ人が死んでいるのだが、​このアメリカ人ふたりは快方に向かい、血液中にウイルスの痕跡が見られなくなったブラントリーは入院先の病院から21日に退院した​という。

 両者はリーフバイオ社とデフィルス社が開発していZMappが投与されたほか現地で回復した少女の血が輸血されたとされ、リベリアでZMappを投与された3名のアフリカ人医師も快方へ向かっているという。エボラの治療法を知っている人びとがいたのではないかとささやく人もいる。

 アメリカには生物兵器研究を開発している機関が存在する。その中心地はフォート・デトリック(かつてはキャンプ・デトリック)という基地。日本に医学界を中心に実施された生物化学兵器の開発で生体実験を担当していた「第731部隊」の研究者を尋問、保護し、研究資料を持ち去ったのもこの機関だ。

 2001年9月11日に世界貿易センターと国防総省本部庁舎が攻撃された後にアメリカでは憲法の機能を停止させる愛国者法が制定されるが、その成立に反対する議員もいた。トム・ダシュル上院議員とパトリック・リーヒー上院議員だ。このふたりに炭疽菌で汚染された手紙が送られてくるのだが、その背後にフォート・デトリックが見え隠れしている。

 このフォート・デトリックやテュレーン大学の研究者がギニア、リベリア、シエラレオネのあたりで何らかの研究をしていたと伝えられている。2014年7月にはシエラレオネの健康公衆衛生省からテュレーン大学に対し、エボラに関する研究を止めるようにという声明が出た。

 バラク・オバマ政権は2014年にウクライナでクーデターを成功させたが、その前からロシア政府はアメリカやNATOが軍のバイオ研究所をウクライナ、ジョージア、カザフスタンなどロシア周辺で建設していることに懸念を示していた。こうした研究所がウクライナで最初に建設されたのは2010年だが、その後、リビウ、オデッサ、ルガンスクなどで作られていると言われている。


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

新型肺炎が日本経済に本格影響!日経平均も大幅安に!感染症の専門家からも「感染規模はSARSの10倍以上になる」と危機感の声! | ゆるねとにゅーす

「新型肺炎の感染規模はSARSの10倍」香港の専門家、「武漢はすでに制御不能」と絶望 | Business Insider Japan

「新型コロナウイルスは容易に感染する」米専門家が警告 ウイルスの宿主はフルーツコウモリか?(飯塚真紀子) - 個人 - Yahoo!ニュース

エボラは人工ウイルス!バラマキ作戦本格化!治療薬アビガンと、ワクチン完成間近で!空気移動、生物兵器!

デング熱騒ぎに踊らされる日本人!人口削減を企む世界的寡頭勢力の実験台にされるだけだ!エボラもデングも!

インフルエンザ・ワクチンは絶対に打つな【危険】発がん性物質…薬事法上の劇薬です!国民は騙されている… -/ 医者がよく言うセリフに、打っとけばインフルエンザに罹っても軽く済む。まったく科学的根拠のない発言です。インフルエンザは、風邪じゃないともいわれていますが、風邪です。どれだけ効かなくて、国民を騙しているか…!


卵で免疫力アップ【新型ウイルス肺炎】は怖くない!新型のコロナウイルス!毎日3個以上食べよう! 死者9人 患者【さらに感染拡大も】日本にも影響!卵はインフルエンザ、風邪、がん、糖尿病、心臓疾患、認知症 - みんなが知るべき情報/今日の物語


免疫力アップ【あいうべ体操】インフルエンザ、風邪予防!小学校で激減効果!唾液の免疫物質!健康に美容に!唾液の様々な免疫物質!若返りホルモン、老化防止ホルモン【パロチン】口呼吸を鼻呼吸に改善、顔トレ、顎関節症、ほうれい線、喉、声!考案者・今井一彰院長: 整筋整体



『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、腎臓病・胃潰瘍・便秘・痛風など、あらゆる病気を治す効果がある?コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、又は薬のように口に含み水でそれを飲むだけ!重曹=炭酸水素ナトリウム
- みんなが知るべき情報/今日の物語




フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します



整体職人・仙台/よみがえれ体/筋肉系・気経絡整体《即効姿勢改善》腰痛・肩こり・スポーツ、生活疲労・ギックリ腰・ 五十肩 ・スマホ首・膝痛・手足・疲労回復「古来伝承整健術・経絡ツボ療術整体」ヘッドから足裏まで心地よい全身施術

整体職人くりはら施術院ホームページhttps://seitaikurhara.jimdofree.com/
posted by 健康くりはら at 16:49| 宮城 ☔| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2020年01月26日

農産物【国産が一番安全だ」と妄信する日本人の大誤解!日本は世界トップレベルの【農薬大国】アメリカの4倍以上、ヨーロッパの3~20倍以上を使っている!海外では驚くべき進歩を遂げている!世界最先端のテクノロジーが農業と融合、農業は国境を越えたグローバルビジネスに!

農産物【国産が一番安全だ」と妄信する日本人の大誤解!日本は世界トップレベルの【農薬大国】アメリカの4倍以上、ヨーロッパの3~20倍以上を使っている!海外では驚くべき進歩を遂げている!世界最先端のテクノロジーが農業と融合、農業は国境を越えたグローバルビジネスに!PRESIDENT Online


「国産が一番安全だ」と妄信する日本人の大誤解 日本は世界トップレベルの農薬大国 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)(記事は下記に)






日本の農作物が危険!世界中が禁止する【除草剤ラウンドアップ】安倍政権で残留基準は中国の基準の150倍に【発がん・白血病】日本市場で溢れかえる!国民の健康や生命を危険にさらし殺人的な状況になっている!政府が安全とお墨付き、別名で店頭に並ぶ!殺人的な状況になっている!モンサントという一私企業に国益を売り飛ばす! - みんなが知るべき情報/今日の物語





「国産が一番安全だ」と妄信する日本人の大誤解(PRESIDENT Online) - BLOGOS(ブロゴス)


「国産が一番安全だ」と妄信する日本人の大誤解

PRESIDENT Online

2020年01月21日 09:15

世界で一番安全な作物をつくっている国はどこか。少なくともそれは日本ではない。拓殖大学国際学部教授の竹下正哲氏は「日本の農薬使用量は中国並みで、世界有数の農薬大国。日本の農業は長期間の『鎖国』で、すっかり農業後進国になってしまった」という――。

※本稿は、竹下正哲『日本を救う未来の農業』(ちくま新書)の一部を再編集したものです。

日本人は日本の農業を誤解している?!

「日本の農業問題」というキーワードを聞いて、みなさんはどんなことを思い浮かべるであろうか? 農家の高齢化、担い手不足、農家の減少、耕作放棄地、低い自給率、衰退産業……。そういったキーワードが思い浮かぶのではないだろうか。ニュースなどを見ていると、必ずこういった論調で、危機が叫ばれている。

しかし、実は高齢化や農家の減少、耕作放棄地、自給率などの問題は、どれもまったく問題ではない。少なくとも、どれも解決可能であり、表面的なことにすぎない。むしろ問題の本質はまったく別のところにある。というのも、その問題の本質に取り組むことができたなら、高齢化や農家の減少、耕作放棄地などの問題はひとりでに解決に向かうからだ。

では、その問題の本質とは何か、を一緒に考えてみたいと思う。

最初にみなさんに伺いたいのは、「世界で一番安全な作物をつくっているのは、どの国だろうか?」という問いである。裏返すと、「世界で一番危険な作物をつくっているのは、どの国だろうか?」という質問に変わる。

もちろん、何をもって危険とするかについては、人によって違うだろう。確固たる基準が存在するわけではないが、ここでは、仮に「農薬(殺虫剤、殺菌剤、除草剤など)をたくさん使っている作物ほど危険」という基準から見てみることにしよう。一番農薬を使っている国はどこだろうか?

「国産が一番安全」という間違った神話

学生たちにこの質問をすると、たいてい「アメリカ、中国」といった答えが返ってくる。その両国が、農薬を大量に使っているイメージなのだろう。逆に「世界で一番安全な作物をつくっている国は?」という問いに対しては、9割近くの人が、「日本」と回答してくる。

だが、この認識は大きく間違っている。FAO(国連食糧農業機関)の統計によると、中国の農薬使用量は、農地1haあたり13kgという世界トップレベルの数値だ。だが、実は日本も11.4kgの農薬を使っており、中国とほぼ変わらない。日本も中国に劣らず、世界トップレベルの農薬大国なのだ。

実はアメリカはずっと少なく、日本の5分の1しか使っていない。ヨーロッパ諸国も日本より低く、イギリスは日本の4分の1、ドイツ3分の1、フランス3分の1、スペイン3分の1、オランダ5分の4、デンマーク10分の1、スウェーデン20分の1となっている。EUは政策により意図的に農薬を減らしている。また近年躍進が著しいブラジルを見てみても、日本の3分の1であり、インドは日本の30分の1しかない。

日本人の多くは「国産が一番安全」、そう信じていることだろう。しかし、それは間違った神話なのかもしれない。少なくとも、統計の数字だけを見るならば、日本は中国と並んで世界でも有数の農薬大国ということになる。農薬漬けと言ってもいい。アメリカの4倍以上、ヨーロッパの3~20倍以上を使っている。

「鎖国」を続けた日本農業の危機

このように、日本人に植え付けられてしまっている誤解は他にもたくさんある。これから順次それらを解いていくが、その前に、具体的にどんな危機が日本に来るのか、それをまず考えてみよう。

大きな背景としては、日本の鎖国がついに終わろうとしている、という世界的な動きがある。結論から先に言うと、日本の農業の多くは、1970年代からまったく進歩をしていない。技術革新というものが、起きてこなかったのだ。

農村でのどかにカボチャやニンジンを作っている農家の多くは、実は1970年代とまったく同じ農法で栽培している。昔ながらの「土づくり」を尊び、50年前と同じように肥料をあげ、同じように水やりをして、同じ量だけ収穫している。

今の時代に1970年代と同じ方法でやっていけている産業など、他にあるだろうか。農業だけ、それができてしまう。なぜかというと、国際競争にさらされてこなかったからだ。

海外では驚くべき進歩を遂げている

日本の農業は、第二次世界大戦が終わった後ずっと鎖国をしてきた。コメ788%、こんにゃく芋1700%、エンドウ豆1100%に代表されるような高い関税をかけることで、海外からの農産物を閉め出してきた。加えて、作物ごとに複雑な「規格」を設定し、外国からの参入をさらに困難としてきた(非関税障壁)。

海外では、ここ30年ほどの間に農業の形が激変した。栽培法には幾度も革命が起き、そのたびに世界最先端のテクノロジーが農業と融合してきた。そして農業は国境を越えたグローバルビジネスとなり、カーギル、ブンゲなどの巨大企業が生まれ、世界の食糧をコントロールするほどの力を持つに至った。その陰で、昔ながらの農法をしてきた零細農家はつぶされ、消えていった。

日本はというと、海の向こうで、そのような熾烈なつぶし合いが起こっているとは知らないまま、ひたすら国内市場だけを見てきた。ずっと内向きの農業をして、平和な産地間競争に明け暮れてきた。

そのような鎖国状態を今後も続けていけるのなら、それはそれでよいかもしれない。日本の農家はサラリーマン以上にお金を稼げている人が多いし、それに対して不満を持っている国民も少ない。日本独特の農業のあり方だ。だが、現実問題として、開国せざるを得ない事態になってしまった。

「TPP」で開国せざる負えなくなった

2018年12月末、TPPが始まった。TPPとは、Trans-Pacific Partnership(環太平洋パートナーシップ)のことで、太平洋を取り囲む11カ国の間で、関税をほぼなくし、貿易を自由にできるようにしましょうという取り決めのことだ。実際、多くの関税が最終的には0%になることが決まった。

このTPPが発効した瞬間から、日本への農産物の輸入は大幅にジャンプした。TPP直後の2019年1~4月の輸入量は、前年と比べてブドウは41%アップ、キウィは42%、牛肉(冷凍)30%と大幅に増加している(財務省貿易統計)。

スーパーを見ても、チリ産やオーストラリア産のブドウが大量に並ぶようになったことに気づくだろう(だいたい2~6月の季節)。チリと言えば、地球の裏側の国だ。そこから新鮮なブドウが、日本の4分の1ほどの価格で、次々と送られてきている。TPP発効によって、農産物の輸入が増えていることは間違いない。

消費者にとっては嬉しいことだが…

それは消費者にとっては嬉しいことかもしれないが、農業関係者にとってはたいへんな驚異だろう。海外から安い農産物が入ってくると、日本の物が売れなくなってしまう。つまり、農家の収入がなくなり、それが続けば、最悪閉業しなくてはならなくなってしまう。

しかし、そんなTPPであっても、これから始まる恐怖のほんのさわりに過ぎない。というのも、TPPに加盟している11カ国を詳しく見てみると、オーストラリア、ブルネイ、カナダ、チリ、日本、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ペルー、シンガポール、ベトナムという国々だとわかる。

みなさんはどうだろうか。スーパーに行って野菜や果物を選ぶとき、マレーシア産、ベトナム産のトマトと、日本産のトマトが並んでいたら、いったいどちらを選ぶだろうか。おそらく日本産を選ぶ方がほとんどだろう。

日本人の心理として、アジアや中南米からの作物が多少安かったとしても、無理して国産を買おうとする。「国産は安全でおいしい。海外産はなんか薬が多そうで怖い」と日本人の多くが信じているためだ。

(実際には、日本産の方が、農薬の量はずっと多いのだが)つまりTPPによってアジアや中南米から安い野菜や果物がたくさん入ってくるようになるが、それでも、それが太平洋の国々である限り、日本にとってはそれほどの脅威にならないだろう。だが安心してはいられない。もし相手がヨーロッパだったらどうだろうか?

一番恐ろしいのはヨーロッパ産

そう、一番怖ろしいのは、アメリカでも中国でも中南米でもない。ヨーロッパだ。もしヨーロッパ産の野菜がスーパーに並んだらどうなってしまうか、真剣に想像したことがあるだろうか?

実はTPPとは別に、ヨーロッパとはEPAが結ばれた。EPAとはEconomic Partnership Agreement(経済連携協定)のことで、これもヨーロッパと日本の間の関税や関税以外の障壁を取り払い、貿易をより自由にしましょうという取り決めだ。これは2019年2月より発効された。そしてその影響はすぐに現れた。

EPA発効後の2019年2~4月の輸入量を前年と比べてみると、ヨーロッパからのワインが30%増加した(財務省貿易統計)。チーズは31%、豚肉は10%増加している。

さらにこれからは、ヨーロッパから野菜や果物が押し寄せてくるようになるだろう。すでにEPAの前から、オランダ産のパプリカはスーパーで売られ始めていたが、それは始まりに過ぎない。農産物の関税や非関税障壁は4~11年をかけて段階的に取り払われていくものが多く、それに合わせて、ヨーロッパからたくさんの野菜や果物、キノコがやってくるようになる。ベルギー産のトマト、フランス産のジャガイモ、スペイン産のブドウ、主婦たちははたしてどちらを選ぶだろうか。

国産野菜が勝てる理由が見つからない

フランス産やイタリア産と聞けば、まず響きだけでおしゃれな感じがするだろう。しかも、それらは農薬の量が日本よりもずっと少ない。日本の3分の1から20分の1しかない。

そして日本の物よりずっと安い。おいしさはほぼ変わらない。となると、みなさんはどちらを選ぶだろうか。「おいしいけど、値段が高くて、農薬が多い国産野菜」か、あるいは「おいしくて、値段が安くて、農薬が少ないヨーロッパ産野菜」か。

勝負は見えているだろう。正直、日本の野菜が勝てる理由が見つからない。消費者はともかく、外食(レストランなど)や中食(お弁当屋さんなど)産業は、ヨーロッパ産に飛びつくだろう。実際、すでにいくつかのファミレスは、そういう動きを見せている。

「イタリア産のポルチーニ茸を使ったパスタ」とか「ドイツ産リンゴのジュース」などのメニューをよく目にするようになった。そのメニューを見たとき、「国産じゃないから嫌だ」と思う人はきっと少ないだろう。ヨーロッパから安い野菜・果物が入ってくるようになれば、再びイタリア料理やフランス料理ブームがやってくるかもしれない。

そうなったとき、日本の農家は生き残っていくことができるのだろうか?

日本は時代遅れの「農業後進国」

一昔前までは、ヨーロッパから新鮮野菜を持ってくることは、不可能に近かった。理由は単純で、遠すぎるためだ。だが今は、時代が変わった。収穫が終わった後の処理はポストハーベスト技術と呼ばれるが、これが急速に発達したのだ。今では、チリのような地球の裏側であっても、収穫したりの新鮮な野菜・果物を、鮮度そのままに日本のスーパーに並べることが可能になっている。

日本は鎖国をしながら、長いこと眠り続けてきた。その間に、海外の農業は急速に発展し、日本に追いつき、追い越していった。もし日本がこのまま眠り続けるならば、国内の農業は間違いなく滅びるだろう。

その理由は、一言で言えば、日本がすっかり農業後進国になってしまったからだ。たとえば、日本で「最先端農業」と聞けば、多くの人が「農薬をたくさん使う農業のこと」と思うだろう。そしてもし農薬を使うのが嫌だったら、有機農業や自然栽培といった昔ながらの農法に戻るしかない。

つまり「昔ながらの農業」、あるいは「薬漬けの農業」、その二者択一しか今の日本にはない。しかし、そんな考え方は世界ではもう完全に時代遅れだ。

最新テクノロジーで農業問題の解決を

ヨーロッパでは、そのどちらでもない第3の農法が発達している。すなわち、最新のテクノロジーを使って日本よりもはるかに効率のよい農業をしながら、でも同時に、使う農薬の量は、日本よりもずっと少なくしている。最先端農業でありながら、安全で安心、環境にも優しい。そんなまったく新しい農業が発明されている。

そんな事実を知っている日本人は、まだほとんどいない。日本は、国全体がそういった世界の進化にまったくついて行けていない。中国やインドの方がはるか先を行っていることも知らない。追い越されていることにすら気づいていない。みんな「日本の農業は世界最高」という幻想を信じたまま、時間が止まってしまっているのだ。

このまま行くと、世界と日本の差はさらに開いていくことだろう。なぜなら、テクノロジーの変化はとてつもなく速いからだ。今日1だった差は、明日には10になり、2日後には100、1週間後には1万の差になっている。

それほどまでに、世界の変化は速い。TPPとEPAが始まってしまった今、もはや一刻の猶予もない。あと数年が生き残れるか滅びるか、その勝負の分かれ目だろう。

竹下正哲『日本を救う未来の農業』(ちくま新書)

----------
竹下 正哲(たけした・まさのり)
拓殖大学国際学部教授
北海道大学農学部、北海道大学大学院農学研究科で学ぶ。博士(農学)。大学院在学中に小説で第15回太宰治賞受賞。民間シンクタンク、環境防災NPO、日本福祉大学などを経て、拓殖大学国際学部へ。日本唯一の「文系の農業」として知られる国際学部農業コースの立ち上げに尽力し、栽培の実践を重視した指導を行っている。かつて青年海外協力隊でアフリカに行ったことをきっかけに、世界中のフィールドを回り、海外の農業現場に精通している。2015年に初めてイスラエルを訪問し、衝撃を受けた。主なフィールドはイスラエルとネパール。
----------

(拓殖大学国際学部教授 竹下 正哲)


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

食料危機!安倍政治が「売国政治」である決定的な証拠「種子法廃止」日本農業の危機!農家のタネ自家採種が出来なくなる「種苗法運用」ハゲタカ巨大資本の支配!日本の主権者は安倍内閣の本質を見抜かなければならない! 種子法廃止で、コメ、麦、大、値段が上がる、食料不足を招く、味がまずくなる、おなじみの品種が消える、遺伝子組み換え作物が席巻する!種苗法によって農家は「自家採種ができなくなる」植草一秀の『知られざる真実』 - みんなが知るべき情報/今日の物語






 安倍内閣に命令して「種子法」を廃止させたモサントの【除草剤】がん性で320億円賠償責任「ラウンドアップ」安倍政権の売国政策!種子法廃止「食料主権」を売り渡す「遺伝子組換え作物」の氾濫国へ!グリホサートは100円ショップ、東急ハンズでも販売! - みんなが知るべき情報/今日の物語

「発がん物質入り」100円除草剤ダイソーの「グリホサート」東急ハンズ、島忠など7社は販売続行!米裁判…末期がんに約320億円の支払い命じる陪審評決「モサント除草剤」オランダ、フランスが販売禁止「WHO発がん評価」風にも飛び、口、鼻、肺に入る、他人にも!除草は手でやればいいでしょ! - みんなが知るべき情報/今日の物語ダイソーでは販売中止に。

アベノ【凄まじい売国】安倍政府は【農産物】数百億円規模の購入を検討か!トランプ氏、安倍総理に【巨額購入を要求】貿易交渉とは別枠で!日本農家、農業破壊、日本経済危機、食物自給率も下がり、米国の遺伝子改良食品だらけに!参院選が終わったらとトランプが発言していた!安倍政治の目的は日本破壊!  - みんなが知るべき情報/今日の物語



安倍晋三が【関税密約】で日本農業を壊滅させた!許すまじ、国家反逆の関税密約!今それを言うと参院選で負けるので、参院選の後に交渉させてください」と尻を突き出して哀願!これで日本の農業、畜産業は大打撃!トランプ大統領のご機嫌を取りたい一心の統一教会Moonie安倍晋三。この朝鮮邪教奴隷が、国家反逆の関税密約。- みんなが知るべき情報/今日の物語



卵で免疫力アップ【新型ウイルス肺炎】は怖くない!新型のコロナウイルス!毎日3個以上食べよう! 死者9人 患者【さらに感染拡大も】日本にも影響!卵はインフルエンザ、風邪、がん、糖尿病、心臓疾患、認知症 - みんなが知るべき情報/今日の物語


免疫力アップ【あいうべ体操】インフルエンザ、風邪予防!小学校で激減効果!唾液の免疫物質!健康に美容に!唾液の様々な免疫物質!若返りホルモン、老化防止ホルモン【パロチン】口呼吸を鼻呼吸に改善、顔トレ、顎関節症、ほうれい線、喉、声!考案者・今井一彰院長: 整筋整体





フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します



整体職人・仙台/よみがえれ体/筋肉系・気経絡整体《即効姿勢改善》腰痛・肩こり・スポーツ、生活疲労・ギックリ腰・ 五十肩 ・スマホ首・膝痛・手足・疲労回復「古来伝承整健術・経絡ツボ療術整体」ヘッドから足裏まで心地よい全身施術

整体職人くりはら施術院ホームページhttps://seitaikurhara.jimdofree.com/
posted by 健康くりはら at 14:00| 宮城 ☁| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2020年01月25日

危険【電子たばこ】米国で47人が死亡【電子たばこ】に関係する疾患は世界で2290例報告されている【電子たばこ】で死の淵に…22歳の生還者が語る米国の社会問題!第三者にも害を及ぼす!添加物や蒸気が原因!

危険【電子たばこ】米国で47人が死亡している【電子たばこ】に関係する疾患は世界で2290例報告されている【電子たばこ】で死の淵に…22歳の生還者が語る米国の社会問題!第三者にも害を及ぼす!添加物や蒸気が原因か!


電子たばこで死の淵に…22歳の生還者が語る米国の社会問題(AFP=時事https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200124-00000028-jij_afp-int(記事は下記に)
 

早死にしたくなければ『タバコはやめないほうがいい』禁煙すると肺がんが増える!武田邦彦著


「タバコが肺がんの主な原因」とは到底、考えられない。武田邦彦。 -




電子たばこで死の淵に…22歳の生還者が語る米国の社会問題(AFP=時事https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200124-00000028-jij_afp-int


電子たばこで死の淵に…22歳の生還者が語る米国の社会問題

1/24(金) 15:56 

母親と一緒に写真撮影に臨むグレゴリー・ロドリゲスさん。米ニューヨーク市クイーンズ区にある自宅で(2019年11月22日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】米ニューヨーク在住のグレゴリー・ロドリゲス(Gregory Rodriguez)さん(22)は昨年9月、高熱と嘔吐(おうと)、下痢の症状を訴え、病院の救急外来を受診した。当初は何らかの感染症に罹患(りかん)したと考えていた。

【関連写真】血液酸素化のためのチューブが挿入された首の傷跡

 病院を受診した2日後、ロドリゲスさんは意識不明の状態となり人工心肺装置につながれた。そして両肺の移植手術を受けるために待機することも決まった。

 死の一歩手前で踏みとどまった経験から2か月後、ロドリゲスさんはAFPの取材に応じ、「電子たばこの利用で病気になるとは考えもしなかった」と語った。

 医師らは、電子たばこをひっきりなしに利用していたことが問題を引き起こしたと考えている。ただ、ロドリゲスさんが住むクイーンズ(Queens)区ジャマイカ(Jamaica)にある病院の救急外来では、すぐに電子たばことの関連性が指摘されなかった。電子たばこによる健康被害が広がり始めた昨年の夏には、感染症と診断され、抗生物質が処方されるだけのケースが目立っていたが、ロドリゲスさんの場合もこれとまったく同じだった。

 ロドリゲスさんは一度目の受診後、今度は呼吸困難に陥り、病院を再度受診した。この時初めて、電子たばこの機器を使って大麻を2年間吸引していたことを認めた。

「初めは伝えることをためらった。THC(テトラヒドロカンナビノール、大麻に含まれる精神活性物質)はニューヨーク州では今も違法だから」

 ロドリゲスさんの容体はその後に急変した。人工呼吸器が装着されたが、これは役に立たなかった。左右の肺にカスタードのような粘度の高い物質がびっしりと張り付いていて、これによりひどい炎症が起き、血流に酸素が送り込めない状態となっていたのだ。

 治療に当たった医療機関グループ「ノースウェル・ヘルス(Northwell Health)」の救命医療地域責任者であるマンガラ・ナラシンハン(Mangala Narasimhan)医師は、ロドリゲスさんが当時、死の淵をさまよっていたと話す。

■「薬物中毒とは言いたくないが…」

 治療では、体外式模型人工肺(ECMO)が最終手段として使われた。患者の体内から血液を抜き取り、酸素化して血管に再注入するための機械だ。

 ロドリゲスさんは3日間、意図的に昏睡状態に置かれた。治療中に苦しい思いをしないための配慮だ。そしてECMOが機能している間に両肺とも回復し、一命を取り留めることができた。肺移植の必要もなくなった。

 ロドリゲスさんの入院期間はわずか12日だった。同様の症状で入院した他の患者に比べるとその期間は比較的短い。だが、状態としては最も深刻な例の一つだった。入院先のロングアイランド・ユダヤ人医療センター(Long Island Jewish Medical Center)では、同程度に深刻な患者は40人中5人しかいないという。

 米国では昨年11月までに、電子たばこの利用に関連して47人が死亡している。また電子たばこに関係する疾患は、世界で2290例報告されている。

 電子たばこの使用に関連した肺疾患が広がっている問題について米当局は昨年11月、THCのリキッドに含まれる添加物の一つ「ビタミンEアセテート」が原因だと発表している。

 また国連(UN)の世界保健機関(WHO)は今週、電子たばこが使用者だけでなく、電子たばこから出る蒸気にさらされる第三者にも害を及ぼすとの見解を示している。電子たばこが喫煙者の禁煙を助けると主張するのに十分な証拠はないが、その利用が安全でないことを示す明らかな証拠はあるとの考えを報告書にまとめた。

 退院から2か月が経ち、ロドリゲスさんは慢性的な呼吸困難からは解放された。だが、担当医によると肺活量は基準値の60%ほどに低下していたという。

 本人は、「身体的には問題ないように感じるが、精神的に回復するまでにはしばらくかかりそうだ」と語り、現在はマリフアナに対する欲求があって「薬物中毒とは言いたくないが、そのことを考えてしまう日もある」と打ち明けた。

■規制の矛盾点

 ロドリゲスさんが使っていたTHCカートリッジの価格は16ドル(約1750円)だった。ダークウェブの業者から25個入りのセットを購入し、支払いにはビットコイン(Bitcoin)を利用していた。手間のかかる入手方法だったが、ニューヨークの売人から買うと1個40ドル(約4400円)と高額であるため、この方法での入手が最も経済的なのだという。

 そして、2018年夏にうつ病を患った時は喫煙量が増え、2日でカートリッジを使ってしまったと話す。

 ロドリゲスさんは、「THCは合法ではないので、闇市場での取引に頼る必要がある」と述べ、「合法化されれば、政府が管理する薬局で購入すればいい。今よりはるかに安全だ」と続けた。

 ただ、現実はもっと複雑だ。マリフアナが合法化されている州では高い税率が掛けられているため、闇市場よりも高額で売られているのだ。

 一方、米国でのマリフアナの規制に関しては、ピンポイントでその矛盾点を指摘している。若者の電子たばこの利用を防ぐことを目的とした風味(フレーバー)付き製品の連邦当局の規制に関する指摘だ。

 THCを含む電子たばこ製品が州で合法とされている場合、いくら連邦法でマリフアナが禁じられていても、当局はこれを規制することができない。

 こうした状況についてロドリゲスさんは、風味付き電子たばこだけを禁止しても「何も変わらない」と話し、実害を及ぼしているのがTHCを含む製品であることを強調した。【翻訳編集】 AFPBB News


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

高樹沙耶が訴える【医療用大麻】がん、鎮痛、抗うつ、エイズなど万能薬!カナダでは20回分300円…世界23カ国で使用!高樹の訴えは真実…米国では麻薬患者の治療にも使われている!日本医療・製薬マフィアには邪魔だ!米国では麻薬患者の治療にも使われている!アンチエイジング、アルツハイマー…カナダが抗がん剤から脱出した理由も大麻でしょうか!米政府、合法大麻で年165億円の医療費を節約!Forbes JAPAN






第32話 ガン、ぜんそく、アレルギーの特効薬、万能薬としての医療大麻、世界的には大麻文化、医療大麻解禁の流れ - 洗脳社会<マトリックス>の謎を解く~科学も医学も迷信だった~(坂崎文明) - カクヨム

安倍晋三は大麻中毒?安倍家専用「大麻・マリファナ」栽培!大麻畑で微笑む昭恵婦人…鳥取県で特別許可されたという!アヘン財閥・岸信介に始まって、大麻や朝鮮や…ドロドロの自民党政治!


覚醒剤レイプなど薬物犯罪者を監獄に入れない【閣議決定・安倍政権】麻薬密売と安倍一味と暴力団!レイプ文化に大甘、やくざを撲滅せず放任する安倍日本!再犯防止には厳罰しかない!本澤二郎の「ジャーナリスト同盟」通信/安倍事務所に指定暴力団が日常的に出入り!ーみんなが知るべき情報/今日の物語




麻薬密売の元締は【安倍晋三一族】覚せい剤、コカイン、大麻、合成麻薬 !政権危機隠しに著名人を逮捕する!安倍一族は明治維新からブッシュ一族と戦争・麻薬・武器【死の商人】満州国で安倍の祖父・岸信介もアヘンで大儲けし、巨大な富を築いた!日本成人40人に1人が覚醒剤、合成麻薬乱用者=13年調査!- みんなが知るべき情報/今日の物語

卵で免疫力アップ【新型ウイルス肺炎】は怖くない!新型のコロナウイルス!毎日3個以上食べよう! 死者9人 患者【さらに感染拡大も】日本にも影響!卵はインフルエンザ、風邪、がん、糖尿病、心臓疾患、認知症 - みんなが知るべき情報/今日の物語


免疫力アップ【あいうべ体操】インフルエンザ、風邪予防!小学校で激減効果!唾液の免疫物質!健康に美容に!唾液の様々な免疫物質!若返りホルモン、老化防止ホルモン【パロチン】口呼吸を鼻呼吸に改善、顔トレ、顎関節症、ほうれい線、喉、声!考案者・今井一彰院長: 整筋整体





フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します



整体職人・仙台/よみがえれ体/筋肉系・気経絡整体《即効姿勢改善》腰痛・肩こり・スポーツ、生活疲労・ギックリ腰・ 五十肩 ・スマホ首・膝痛・手足・疲労回復「古来伝承整健術・経絡ツボ療術整体」ヘッドから足裏まで心地よい全身施術


posted by 健康くりはら at 17:45| 宮城 ☁| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2020年01月24日

免疫力アップ【あいうべ体操】インフルエンザ、風邪予防!小学校で激減効果!唾液の免疫物質!健康に美容に!唾液の様々な免疫物質!若返りホルモン、老化防止ホルモン【パロチン】口呼吸を鼻呼吸に改善、顔トレ、顎関節症、ほうれい線、喉、声!考案者・今井一彰院長

免疫力アップ【あいうべ体操】インフルエンザ、風邪予防!小学校で激減効果!唾液の免疫物質!健康に美容に!唾液の様々な免疫物質!若返りホルモン、老化防止ホルモン【パロチン】口呼吸を鼻呼吸に改善、顔トレ、顎関節症、ほうれい線、喉、声!考案者・今井一彰院長



インフルエンザ予防「あいうべ体操」小学校で激減効果!唾液の免疫物質が… お金をかけず、健康に美容に… - みんなが知るべき情報/今日の物語(記事は下記に)


あいうべ体操 | 福岡のみらいクリニック




インフルエンザ予防「あいうべ体操」小学校で激減効果!唾液の免疫物質が… お金をかけず、健康に美容に… - みんなが知るべき情報/今日の物語


インフルエンザ予防「あいうべ体操」小学校で激減効果!唾液の免疫物質が… お金をかけず、健康に美容に…

考案者・今井一彰院長

みんなが知るべき情報

唾液の中には、体の中の

バイ菌を殺してくれる

様々な免疫物質が含まれているから

風邪予防につながると思う。

………………………………

1日に、あいうべ、30セットくらい。

例)10セットを1日3回、、。

気がついたら、いつでも。

家庭、学校、職場でも…

(みんなでやれば怖くない!)

顎関節症などの人は…

「い、う」だけでも効果的です。

「べ」が特に、唾液がでます。

「あいう」で顔、あごの筋肉を鍛え

口呼吸を鼻呼吸に改善して

よりインフルエンザ、風邪予防になります。

さらに唾液には“若返りホルモン”

老化防止ホルモン「パロチン」が…

健康に美容に…!

風邪が引けない妊婦さんに!

………………………………

「あいうべ体操」は顔のたるみ、

ホウレイ線が気になる方にも。

いびき・睡眠時無呼吸症候群

・口臭・虫歯・ 歯周病

・ドライマウスなどの予防改善になります。

情報画像、モーニングバード 2014・11・21

抜粋引用 


"【あいうべ体操】医師が勧めるインフルエンザの予防法【手洗い】" を YouTube で見る

【絵本】はないきおばけとくちいきおばけ【あいうべ】

あいうべ体操 | 福岡のみらいクリニック


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

卵で免疫力アップ【新型ウイルス肺炎】は怖くない!新型のコロナウイルス!毎日3個以上食べよう! 死者9人 患者【さらに感染拡大も】日本にも影響!卵はインフルエンザ、風邪、がん、糖尿病、心臓疾患、認知症など生活習慣病に効果!整筋整体職人


『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、腎臓病・胃潰瘍・便秘・痛風など、あらゆる病気を治す効果がある?コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、又は薬のように口に含み水でそれを飲むだけ!重曹=炭酸水素ナトリウム
- みんなが知るべき情報/今日の物語




整体職人くりはら施術院 - seitaikurhara ホームページ!


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter



フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します
posted by 健康くりはら at 12:35| 宮城 ☁| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする