2013年08月25日

卵、減量食に毎日 3ヶで、脂質バランスが改善され、糖尿病のもとになるインスリンの分泌が改善。武田邦彦

卵、減量食に毎日 3ヶで、 脂質バランスが改善され、

 糖尿病のもとになる

インスリンの分泌が改善。武田邦彦


メタボリック症候群患者の減量食に
毎日卵3ヶを食べさせると、脂質バランスが改善され、

糖尿病のもとになるインスリンの分泌が改善されたとの報告がでた。

卵を食べた方が良いと言う、これまでと逆の結果だ。

最近、増えてきてサラリーマンの6%も
病気にかかっていると言われる「ウツ」はコレステロールが不足したときに増える。

なにしろコレステロールは必要だから
体内で合成され、食品からとる量が少ないと、

体が頑張って合成をしなければならないので、
あまりに少ないと、それがストレスになるのも当然だ。


ブログランキング・にほんブ ログ村へ
にほんブログ村

武田邦彦ブログより
…………………………………………

【健康】 卵とコレステロール

「tdyno.367-(8:55).mp3」をダウンロード
卵好きの人には罪なことだ。

「メタボリズム」という医学雑誌の論文に、メタボリック症候群患者の減量食に毎日卵3ヶを食べさせると、脂質バランスが改善され、糖尿病のもとになるインスリンの分泌が改善されたとの報告がでた。

卵を食べた方が良いと言う、これまでと逆の結果だ。

12週間の実験だが、なにしろ卵を3つも食べるから、それまでの生活に比べると2倍以上のコレステロールをとっている計算になる。

実験期間が終わってみると、卵3つを食べていたグループは善玉コレステロール(HDL)が上昇し、悪玉コレステロール(LDL)が減少した。さらに動脈硬化性疾患リスクに関係する「LH比」も大きく改善し、インスリンの改善指標の「HOMR-IR」も下がった。

メタボ、血圧、コレステロール、痛風の尿酸、タバコなどに共通に見られるように、厚労省が指導する「医学」の「健康」はムチャクチャであることが良くわかる。

この論文一つで「卵が良い」というわけではない。少し前まで「卵は栄養のバランスが良く、積極的に摂った方が良い」と言われていたのが、メタボの出現と共に「卵はコレステロールを増やす」と言われて、卵の消費量が格段にへった。

「卵にコレステロールが多い」ということと、「卵を食べるとコレステロールが増える」というのは違う。初歩的な科学の間違いを厚労省も栄養学者(御用学者)も社会に発信し、それを平気でNHKなどが報道するからだ。

もともとコレステロールには「悪玉」も「善玉」もなく、今、悪玉と言われているものはコレステロールの移動状態もので、人体には必須だ。さらにコレステロールは人体に必要なもので、食物からとることもできるが、多くは体内で合成する。

だから、食物からコレステロールを多く摂った場合には、体内で合成する量が減り、少ない場合は体内で合成する量を増やす。体内合成量は約70%とされる。

「禁煙運動」も同じだが、科学に「善悪」はない。それを体内にもともとあるコレステロールを「善玉、悪玉」と呼ぶ心にそもそも非科学性がある。

卵を3つ食べれば、その分だけ他の物を減らしてバランスを取るのは当然だが、とんだ濡れ衣を着せられたものだ。

ところで、悪玉と言われるコレステロールが減ると、死ぬことが多くなる。このグラフは実にハッキリとその傾向を示している。


そればかりではない。最近、増えてきてサラリーマンの6%も病気にかかっていると言われる「ウツ」はコレステロールが不足したときに増える。なにしろコレステロールは必要だから体内で合成され、食品からとる量が少ないと、体が頑張って合成をしなければならないので、あまりに少ないと、それがストレスになるのも当然だ。

なんと言っても、コレステロールは細胞膜を作るのだから、どうしても体に必要だ。現在の厚労省の基準は、「健康」は無視して、とにかくコレステロールを悪者にしている。コレステロールの病気があるなら、それはコレステロールの量ではなく、体内合成が調整できなくなったときで、その方を直さなければならない。

医学者、頑張れ!

(平成25年8月24日)

武田邦彦

(C)武田邦彦 (中部大学) 引用はご自由にどうぞ
より転載 音声もコチラ↓↓
http://takedanet.com/2013/08/post_1d64.html


コレステロールが低いと 【ガンや精神病‥‥自殺‥‥】のリスクが高まる!!武田邦彦

コレステロール、ストレスには有効【心に効く栄養素、実は脳の神経伝達に必要】

↓↓ポッチお願いします。
ブログランキング・にほんブ ログ村へ
にほんブログ村

【くりはら施術院】ギックリ腰・五十肩

・肩こり・腰痛・若返り「古来伝承整健術」

経絡ツボ療術整体、心地よい全身施術/

スマホ首肩こり・スポーツ筋肉疲労・

ストレス疲労回復・、経験豊富ベテランの施術…


ブログランキング・にほんブログ村へ

=========


腰痛、肩こり【くりはら施術院】

古来伝承整健術、経絡ツボ療術整体

/仙台市青葉区二日町/

経験豊か、確かな、ここち良い全身施術!

古武道の経絡ツボ施術

ここち良い施術で、

小学生から高齢の方々に好評。


腰痛・首肩・全身のコリ痛み、

ギックリ腰、スマホ、パソコン疲労、

手足、スポーツ筋肉疲労、ストレス生活疲労など


【くりはら施術院】

毎日、午前10時30分~午後6時30分

※ご予約 完全予約制

土日も施術。。不定休です。

男女の施術師。

電話 022-214-2850

※留守番電話の時はメッセージをお願い致します。

※施術料金 5000円(約75分)

ここち良い全身施術です。

宮城県仙台市青葉区二日町17ー22ー602

ディープランナー二日町ビル6階602

電話 022ー214-2850
022-214-2850

くりはら施術院(青葉区二日町/カイロプラクティック)-iタウンページ



※地下鉄南北線・北四番丁駅 南1出口から徒歩3分

東北大学付属病院方向に(国道48号線)→仙南信用金庫
→花屋(佐伯生花店様)→Hotto Motto様→信号→
ローソン→100円パーキングの隣の茶色のビルです。

木町通り2丁目バス停前、ガストの斜め向かいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

【関連する記事】
posted by 健康くりはら at 18:12| 宮城 ☁| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

腸は野菜を好み、ガン細胞は糖を好む!糖を食べ過ぎると‥‥ 『脳はバカ、腸はかしこい』本

『脳はバカ、腸はかしこい』本

‥‥腸は野菜を好み、ガン細胞は糖を好む!

糖を食べ過ぎると‥‥



『脳はバカ、腸はかしこい 』

藤田 紘一郎 [著] 腸を鍛えたら、脳がよくなった


image


に‥‥

image

image

image

image




なぜ腸は野菜を好み、ガン細胞は糖を好むのか

中高生になって、糖を摂りすぎてはいけない

脳が喜ぶ糖質はうつ気分を誘導

糖質を食べ過ぎると‥‥
食欲をコントロールする脳細胞が傷つく

脳は糖を欲しがり、腸は糖の摂りすぎを嫌がる

腸は可愛がれば、脳がよくなる


と‥‥‥。

糖質(炭水化物)砂糖の摂りすぎは肥満、糖尿病の他にも
いろいろな体調不良の原因のようです。。。

老化の原因でも、あるようですね。。。


甘いソフトドリンクがうつ病を引き起こす?【うつ病になる確率30%上昇!!】その関係とは|元気が戻る不思議な療術整体【くりはら施術院】


食べる順番を変えるだけでダイエット、健康【飲み会を断らない究極のオヤジダイエット】腰痛、肩首こり、元気が戻る不思議な療術院


楽々【スロージョギング】ダイエット、 血管の若返り、脳の体積が大きくなりボケ予防!!|腰痛、肩首こり、元気が戻る不思議な療術整体【くりはら施術院】仙台市青葉区二日町


オリーブオイルで【免疫力アップ、便秘解消!!血管、生活習慣病にも】スプーン1杯!!【腰痛、肩首こり、元気が戻る不思議な療術院】

肉・タマゴを食べる人は長生きする【体を作るアルブミンタンパク質】筋肉、血管、免疫細胞、体温上昇【腰痛、肩首こり、元気が戻る不思議な療術院】


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

脳はバカ、腸はかしこい
腸を鍛えたら、脳がよくなった

東京医科歯科大学名誉教授 藤田 紘一郎 [著]
四六判並製/224ページ/本体価格1,200円

image



本当に大切なのは「脳」ではなく「腸」だった!

バカな脳は自分だけが満足すればいいので、
甘いものや煙草やアルコールがやめられず、
そのたびに身体(腸)は悲鳴をあげ ています。

人間をコントロールしているはずの脳は、
じつはダ マされやすい、偏見まみれの自惚れ屋でした。

悠久の生物の歴史では、40億年前にまず腸ができ、
そのずっと あと5億年前にようやく脳が誕生。

生物と腸とのつきあいは長 いものの、
脳とのつきあいはまだ短く、
それゆえ生物は脳をうまく使いこなせていない。

「腸内環境を整えることでドーパミンやセロトニンなどが
脳に運ばれ、良好な精神状態が作られる」とする著者自身の
最新研究成果も盛り込み、「脳」と「腸」の
関係性について、わかり やすく紐解きます。

脳にばかり注目していると見落としてしまう大切な話
●脳には性的モラルがない
●意志薄弱で偏見まみれ、うぬぼれ屋の脳
●腸内細菌が「幸せ物質」を脳に運んでいる
●大食いによって癒される脳、壊される腸
●脳は糖を欲しがり、腸は糖の摂りすぎを嫌がる
●腸を整えると、トキメキ&ドキドキの恋愛が長続 き
●生物と腸との歴史は40億年、脳とはたった5億年

著者紹介 藤田紘一郎(ふじた・こういちろう)
◎1939年、旧満州ハルビン生まれ。東京医科歯科大学名誉教授。
人間科学総合大学教授。専門は寄生虫学、熱帯医学、感染 免疫学。
免疫や伝染病研究の第一人者であり、免疫学を下敷き にしての文明批評にも定評がある。
専門医学から下ネタまでを 縦横に行き来する軽妙洒脱な文章家としての顔も持つ。
『笑う カイチュウ』『清潔はビョーキだ』など著作多数。
本書では、 「脳論」の一歩先を行く「腸論」の地平を切り拓く。この人の

三五館より
http://www.sangokan.com/books/978-4-88320-568-4.html
posted by 健康くりはら at 19:10| 宮城 ☀| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

大麦、もち麦で健康的にやせる‥‥血糖値!

大麦、もち麦で健康的にやせる

‥‥血糖値!!


ゲンダイネット 2013年5月30日 掲載より
……………………………………………………※

もち麦で健康的にやせる

コレステロールや血糖値が気になる人は

主食に大麦を取り入れてはいかが?

大麦の健康効果は、さまざまな研究で明らかになっている。

血中総コレステロールが高い中年男性グループが、
2週間、大麦をまぜたご飯を1日2回食べたところ、
総コレス テロール値が平均10%低下。

また、糖尿病患者に大麦、精白米、
ブドウ糖を投与した時の食後血糖値の変化を調べると、
大麦ではほかよりも食後血糖値の上昇が低かった。

さらに、朝に大麦を食べれば、昼食後、
夕食後の血糖値上昇が抑制されたという結果もある。

大麦には「もち麦」と「うるち麦」があるが、
おいしさの点からはもち麦がお薦め。
粘りが強く、モチモチした食感で、冷めても味が落ちない。

ある40代の独身男性は、お酒が好きで、お腹がポッコリ出た体形。
酒はやめないまま、朝夕にもち麦入りご飯を食べたら、
1カ月で6キロ体重が落ち、ズボンが1サイズ小 さくなった。

6キロという大幅な体重減で健康面が気になるが、
医師の診断では何の問題もなく、
高かったコレステロールなどの数値が軒並み正常範囲になっていた。

白米にまぜて、“普通の炊き方”でOK。
食品メーカーの「はくばく」などで販売されている。

http://spweb.gendai.net//articles/view/kenko/142642 

posted by 健康くりはら at 19:46| 宮城 ☀| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

「腸を温める」と体の不調が消える/ 本‥‥冷え性にカレー粉。認知症、ピロリ菌にオリーブオイル

「腸を温める」と体の不調が消える/ 本

‥‥冷え性にカレー粉。

認知症、ピロリ菌にオリーブオイル




と、ありました。

このブログの私の生体実験!?からも

カレー粉は冷え性改善に極めて有効です。

毎日、カレー粉を小さじ1杯くらいをとっています。

(カレールーではありません。)

※みそ汁、スープなどに。ご飯にかけたり。

※そのまま薬のように飲んだり。。

☆オリーブオイルも毎日とっています。

☆認知症、ピロリ菌にも有効と、この本にありました。

試して、損はないと思います。



「腸を温める」と体の不調が消える/松生恒夫著

188ページ 出版社: 青春出版社
新書判 定価 860円(本体:819円)

便秘や下痢ばかりでなく、あなたを悩ます体の不調や、
なかなか取れない疲れは、腸の冷えが原因かもしれない!?
30 年・4万人の“日本人の腸”を診てきた専門医だからこそわかる、
腸を芯から温めて、体の不調を取り去る最新情報版!


オリーブオイルで【免疫力アップ、便秘解消!!血管、生活習慣病にも】スプーン1杯!!【腰痛、肩首こり、元気が戻る不思議な療術院】

肉・タマゴを食べる人は長生きする【体を作るアルブミンタンパク質】筋肉、血管、免疫細胞、体温上昇【腰痛、肩首こり、元気が戻る不思議な療術院】


食べる順番を変えるだけでダイエット、健康【飲み会を断らない究極のオヤジダイエット】腰痛、肩首こり、元気が戻る不思議な療術院


足上げ腸腰筋体操、楽々健康効果ダイエット!!【腰痛、肩首こり、元気が戻る不思議な療術院】
posted by 健康くりはら at 18:49| 宮城 ☀| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

「腸を温める」と体の不調が消える/ 本‥‥冷え性にカレー粉。認知症、ピロリ菌にオリーブオイル

「腸を温める」と体の不調が消える/ 本

‥‥冷え性にカレー粉。

認知症、ピロリ菌にオリーブオイル




と、ありました。

このブログの私の生体実験!?からも

カレー粉は冷え性改善に極めて有効です。

毎日、カレー粉を小さじ1杯くらいをとっています。

(カレールーではありません。)

※みそ汁、スープなどに。ご飯にかけたり。

※そのまま薬のように飲んだり。。

☆オリーブオイルも毎日とっています。

☆認知症、ピロリ菌にも有効と、この本にありました。

試して、損はないと思います。



「腸を温める」と体の不調が消える/松生恒夫著

188ページ 出版社: 青春出版社
新書判 定価 860円(本体:819円)

便秘や下痢ばかりでなく、あなたを悩ます体の不調や、
なかなか取れない疲れは、腸の冷えが原因かもしれない!?
30 年・4万人の“日本人の腸”を診てきた専門医だからこそわかる、
腸を芯から温めて、体の不調を取り去る最新情報版!


オリーブオイルで【免疫力アップ、便秘解消!!血管、生活習慣病にも】スプーン1杯!!【腰痛、肩首こり、元気が戻る不思議な療術院】

肉・タマゴを食べる人は長生きする【体を作るアルブミンタンパク質】筋肉、血管、免疫細胞、体温上昇【腰痛、肩首こり、元気が戻る不思議な療術院】


食べる順番を変えるだけでダイエット、健康【飲み会を断らない究極のオヤジダイエット】腰痛、肩首こり、元気が戻る不思議な療術院


足上げ腸腰筋体操、楽々健康効果ダイエット!!【腰痛、肩首こり、元気が戻る不思議な療術院】
posted by 健康くりはら at 18:45| 宮城 ☀| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。